健康な生活リズム

この記事は約2分で読めます。

ここでは生活リズムについて私の考えをお話しします。良く健康の話になると不摂生な生活はやめましょうとか、生活習慣病とかいわれることと似ておりますが、ここでは何故生活リズムと言う事にこだわるのか?と言うのと、改善したらどうなるのか?

生活リズムにこだわる理由

生活リズムとは生活の時間割だと思ってもらっても良いです。例えばですが

起きてからがスタートとして大まかに言うと下記のような感じになります。

  1. 起きる
  2. トイレ(朝の便
  3. 朝ごはん(空腹
  4. 歯磨き
  5. 仕事&学校
  6. 中休憩
  7. 仕事&学校
  8. 昼食(空腹
  9. お昼寝

上記の例は例え話なのですが、2、3、7の赤字に注目してください。赤字の部分は人が生活するリズムで基本的には狂わせない部分になります。

何故かと言いますと人は一日を25時間周期で生活されているとされていて、一日のサイクルがおおよそ決まっております。特に女の人は月経などは決まった周期に来ますよね。それと同じです。そして、その赤字の場所がずれると身体のリズムが狂ってきて時間のリズムがずれてしまうと言われております。なので、朝ごはんを食べないと昼夜の食事での栄養でしかまかなえないので、食物繊維不足から朝の排便リズムが狂い便秘を引き起こす可能性もそうですが朝に効率よく便意が来なくなってしまう可能性があるのです。つまり生活リズムが狂い始めるのです。

そうなるとどうなるかと言いますと世の中の生活基準とずれが生じて食事の時間にお腹がすかない、眠くなるなどが続き次第に身体はホルモンのバランスを失います。なので、これは個人差があったりするのですが出来るだけ日々のリズムは一定にした方が良いとされております。後は25時間と言う周期だと一時間のロスタイムが人の身体には備わっているのでそのずれは日光を浴びる事で朝日の時間を感じ脳が身体をリセットしてくれるとも言われております。なので朝日は色々な観点で必要ですね。

タイトルとURLをコピーしました